インタビュー

 

チームMGRが語るウフルの魅力
つまづいた時に上司から掛けられた言葉

今回はウフルでチームマネージャーとして活躍する小路さんにお話を伺いました。

前職では何をしていましたか?

外資系システムインテグレータで顧客のシステム開発をしたり、印刷事業者で全部門のビジネスプロセス改善をしたりをしたり、大手クライアントオフィスで顧客のシステム開発をするなど、エンジニアとして複数の企業を経験してきました。

お客様とのコミュニケーションの重要性とその難しさを学んだり、ベンダーと顧客の双方の立場を理解する視点を持つようになったり、官公庁の基幹システムなど大規模なプロジェクトを担当する中で、プロジェクトを成功に導くための多角的な視点を身につけることができました。

ウフルへ転職を決めたきっかけは?

PM(プロジェクトマネージャー)向けのコミュニティ活動を積極的に始めたことがウフルの社員との出会いのきっかけとなり、「いい会社だからおいでよ」と勧められたことで転職することになりました。

面接でウフルのオフィスを訪れた時に、現場の皆さんと話す機会がありました。とてもざっくばらんでウェルカムな空気だったことが印象に残っています。年齢や性別を問わず、エンジニアの皆さんが活躍している現場の活力を感じ、それがとても好印象でした。

ウフルの自由な裁量にも惹かれました。もちろんその自由度が高い分、積極的に行動することが求められますが、元々外資系の経験もありそのスタイルも魅力に感じました。

ウフルではどんなことをしていますか?

外資系のアウトドア用品企業の支援や、自治体のDXなど多岐にわたるプロジェクトに携わってきました。

印象に残っているのは大手ゼネコンの案件です。先進的な取り組みで、お客様が具体的なイメージを持っていない状態からスタートしたのですが、アジャイルなアプローチでお客様に動くものを見せていくことで、課題を解決する道筋をみつけることができたという経験がありました。お客様と密にコミュニケーションをとりながら、共に最終形を形作っていくプロジェクトの経験を積みました。

また、クライアントの期待が非常に大きなプロジェクトも経験しました。PMとして、そのプレッシャーに何度も打ちのめされそうになりましたが、上司からの「小路さんがいてくれるからメンバーが上手くやれている」という言葉が支えとなり、最終的にはプロジェクトを無事に完了させることができました。

普段の業務で大切にしていることはありますか?

プロジェクトを進めるうえで大切なことは、常に多角的な視点を持つことだと思っています。相手がベンダー側でも事業者側でも、あるいはパートナー様であっても、仕事をする相手を敬い、尊重する姿勢を持つことです。

これは私がチームメンバーにも常に伝えている価値観であり、今後もこの視点を大切にしていきたいと思っています。

ウフルに来て成長したなと感じることはありますか?

ウフルは、これまで経験したどの会社よりもスピード感があり、その点で非常に成長していると感じています。クライアントは業界を問わず多岐にわたるため、常に専門的な知識と高いノウハウが求められます。これに応えるために、私自身が日々成長していると実感しています。

Salesforceについても、入社してから積極的に学び、認定アドミニストレーターの資格をはじめ、Service CloudやSales Cloudの資格も取得しました。

また、コミュニケーションのスキルも向上していると感じています。短い時間でどのように明確かつわかりやすくお客様に情報を伝えるか、リモートで効果的な資料を用いてどのように説明を行うか、チームメンバーに対してどのような言葉を選ぶか、海外のパートナー様にどう伝えるかなど、これまで以上に細やかに考えるようになりました。

ウフルで挑戦したいことはありますか?

現在、社内で毎週PM分科会を実施しています。部署内でお客様に提案する内容の整合性を確認し、営業部門との緊密な連携を図るなど、トラブルを事前に回避し、スムーズなプロジェクト進行ができるように心がけています。

さらに、社内のプロジェクトの成功事例や各メンバーの知見を共有する時間を設けています。これにより、他のプロジェクトにも参考になる情報が広がり、全体としてのプロジェクトの質を向上させる助けになっていると思います。

今後も社内で情報がスムーズに行きかう環境を作っていきたいと思っています。

ウフルの魅力って何だと思いますか?

ウフルの魅力は、プロジェクトの中心となって頑張る人を、全員で支えるという企業文化があることです。他の会社では、プロジェクトがうまく進行していない場合、「なぜこんなに進捗が遅れてるんだ」とか「なぜこんなにコストが膨らんでいるんだ」などとPMが責められる傾向があることも少なくありません。プロジェクトが上手く進んでいない中、さらに多くの時間を費やして報告を強要されることとなります。しかし、ウフルではそのような状況を攻撃の対象にするのではなく、むしろ皆で一丸となってサポートしようとする風土が根付いています。

あるプロジェクトでつまずいていたときに、上司から「何があれば挽回できる?サポートするから何でも言ってくれ」といわれたことがとても印象に残っています。この言葉のおかげで、思い切って自由に取り組むことができました。働いている仲間に対する誠実さや、協力し合うカルチャーが根付いているところがウフルの魅力だと感じます。

ウフルへの就職、転職を考えている方へメッセージ

使える技術やスキルは大切ですが、それだけではありません。
お客様と真摯に向き合い、一緒に問題を解決する中で、自然と身につき、成長に繋がるものは多くあります。
そういった自己形成に向けて何より大切だと思うのは、目の前のお客様のために全力で取り組む姿勢と、一緒に働く仲間を尊重し、チームに助けを求めながら努力しようとする姿勢だと思います。

私自身いくつもの会社を経験してきましたが、ウフルはとても暖かく、人間味あふれる会社です。
ぜひ、一緒に働きましょう。

新卒採用情報

NEW GRADUATE

新卒採用情報

2025年度新卒採用のエントリーを
受け付けております。

キャリア人材の採用情報