シンプルページにできるかな

 

これはテストです!

 

超弦理論が登場する以前に最も小さなスケールを記述した理論は場の量子論である。
そこでは粒子を点、すなわち点粒子として扱ってきた(局所場の理論に代わる、広がりを持った粒子の概念を導入したS行列理論や非局所場理論などもあった)。
一方、超弦理論では粒子を弦の振動として表す。1960年代、イタリアの物理学者、

ガブリエーレ・ヴェネツィアーノが核子の内部で働く強い力の性質をベータ関数で表し、その式の示す構造が「

キャリア人材の採用情報